レスポンシブwebデザインのホームページなら アットウェブ

ホームページの最適化計画

 > ホームページの最適化計画

ホームページの最適化計画

ホームページ作成の上での準備

様々なホームページをみていると、もう二度と訪問したくないサイトってありますよね。

初めて訪問したユーザーにとってやさしくないサイトはリピーターも増えませんし、人気もでません。

ダメなホームページの特徴はというと、

1.サイトの構造が複雑で目的のコンテンツに辿り着けない。

せっかく魅力的なコンテンツのサイトを作っても、ユーザーが目的のコンテンツを見つけられないとか、構造が深くてなかなか目的のコンテンツに辿り着けないという事例もあります。

一般的に、サイト構造は二階層もしくは三階層が理想的と言われています。
まずは、サイトマップを作ってユーザーにもわかりやすい構造のホームページ構築を行いましょう。

2.一つのページが長すぎて読む気がしない。

HPを閲覧する女性イメージ いわゆるランディングページは一つのページに全ての情報を詰め込むので一ページのボリュームが大きいのですが、この意味とは違います。

一般的なホームページで必要な情報を全てのせてしまおうとして、長文が書いてあるとユーザーも読む気が失せてしまいます。

一つのページの情報は必要最低限にしつつ、画像もちりばめながら魅力的なページを作成しましょう。

3.広告が多すぎる。

広告だらけのwebサイトイメージ コンテンツの量より、バナー広告の量が多いとユーザーにとっては魅力的なサイトにはなりません。

バナー広告は極力減らしてコンテンツを充実させましょう。

4.ページごとにデザインが違ってサイト全体のまとまりがない。

ページごとにデザインが異なっていると、同じサイトを見ていても「もしかして違うサイトに来てしまったのでは」とユーザーに誤解を与えかねません。

ブログなどで、テキストリンクを辿っているうちに知らないうちにランキングページに飛ばされていたという経験は誰もがあると思います(これは誤解ではありませんが)。

ユーザーに誤解を与えない為にもサイトデザインを統一して、まとまりのあるホームページを作成しましょう。

5.リンク切れや工事中ばかり

工事中イメージ 目的のコンテンツを見つけてリンクをクリックしたらリンク切れだったり、サイト内が工事中、メンテナンス中ばかりというホームページもダメな典型です。

そんなホームページは二度と訪問してもらえないでしょう。

ホームページをオープンさせたらこまめに更新、メンテナンス、チェックなどを行いましょう。

CHECKホームページ作成やリニューアルの際には上記の点に注意し、ユーザーフレンドリー(使う人に優しい)なウェブサイト構築を目指しましょう。